アーカイブ (第一期・みどりの再生事業・活動等の実績)



●海岸保安林における植栽(最終回)
  平成27年3月3日(火) 南房総市和田町花園地先
みどりの再生事業の締めくくりは、海岸林の植栽です。千葉県治山林道協会実施の海岸防災林県民体験行事とタイアップさせていただき、クロマツ、トベラ、マサキの苗木、計1,000本を植栽しました。3ケ年のプログラムは全て終了しましたが、この続編を企画・検討中です。

●森林ボランティア活動の企画・運営 研修会
  平成27年2月24日(火) 袖ケ浦市長浦拓地先
地域やグループでの活動へステップアップした際に直面するテーマとして、森林ボランティア活動における企画・運営についての研修会を、主にワークショップ形式で実施しました。



●枝打作業
  平成26年12月4日(木) 君津市広岡地先
無節の良質な材を作ること等を目的とする枝打の実践研修を実施しました。残念ながら不安定な天候での実施となりました。




●海岸保安林における下刈
  平成26年7月17日(木) 匝瑳市吉崎字浜地先
海岸の植栽地において、苗木の生育を助けるため下刈作業を実施しました。同地は昨年秋以降、広葉樹を中心に枯死した苗木も多かった為、別の事業で4月にクロマツ800本の補植を行っていますが、現状は良い状態を保っているようです。




●森の健康診断と生物多様性 研修会
  平成26年6月24日(火) 袖ケ浦市長浦拓地先
森の姿を正確に把握し、生物多様性の視点から大型土壌動物を採取して自然度を判定するという実習を行いました。研修として珍しい内容の為、参加者からの反響も大きなものとなりました。




●間伐作業
  平成26年3月11日(火) 君津市鹿野山地先
単に木を伐る作業のみならず、間伐木の選定やロープを使用した掛かり木処理の方法、簡易ウインチを使用した搬出など一連の作業を学べる内容としました。



●森林内作業時の救急救命方法研修
  平成25年11月25日(月) 袖ケ浦市長浦拓地先
森林内での作業中に事故や怪我はあってはなりませんが、万が一に備え、救急救命方法を学ぶ研修会を実施。内容は活動中に起こりうる事例に特化した内容としました。



●海岸保安林における下刈
  平成25年8月20日(火) 匝瑳市吉崎字浜地先
4/24(下記参照)に実施した植栽地の下刈作業です。現時点では植栽した苗木の活着は良好で、この苗木の生育を助けるため下刈作業を実施しました。



●刈り払い機講習会
  平成25年6月13日(木) 富津市宝竜寺地先
ボランティアによる森づくりの現場でも作業用機械の使用はごく一般的になってします。一方、正しい知識のもとで使用しませんと、大変危険な道具でもあります。今回は最もポピュラーな刈り払い機の講習会を実施しました。  



●海岸保安林における植栽
  平成25年4月24日(木) 匝瑳市吉崎字浜地先
3/7(下記参照)に準備した海岸保安林に、クロマツをはじめとする5種の苗木、約2,200本を植栽しました。再生事業参加者はもとより、海岸林の森林復旧に協力しようとする地元市民、企業、団体など幅広い参加を得て、実施しました。今後この場所は、海岸林復興のシンボリックな場所として継続的に整備に関わっていきます。



●植栽準備作業
  平成25年3月7日(木) 匝瑳市吉崎字浜地先
2/10(下記参照)に加工した竹材を運搬し、海岸植栽に不可欠な静砂垣の製作に活用。実際に静砂垣を作製しました。手間はかかりましたがモデルケースとして有意義な企画になりました。また4/24にこの場所で植樹祭を行います。5種の苗木の植え位置(約2,200本)に目印を付けました。  



●竹の整理作業(竹材の加工・活用含む)
  平成25年2月10日(日) 成田市青山地先 
竹の整理は森づくりを行ううえで避けて通れないもの。また、整理作業によって出た竹材の活用も大きな課題です。そこで活用のモデルとなる企画を実施。今回の作業で出た竹材は加工をし、次回予定の海岸林植栽地における静砂垣製作の材料に活用します。  



●森林系バイオマス研修
  平成24年11月9日(金) 袖ケ浦市長浦拓地先
震災後、新たなエネルギーが注目されることから、今回は森林系(木質)バイオマスの活用についての研修会です。森林整備と木質バイオマスの活用は一つの「循環」として捉えられるもの。活用例として取り上げた「ロケットストーブ」は参加者から大きな関心が寄せられました。 



●海岸保安林における下刈
  平成24年10月18日(木) 長生郡長生村一松地先
この場所は昨年10月に、「がんばろう千葉!県民植樹祭」として実施した場所。苗木は植え放しでは育たない。数年間は「下刈」という重要な作業を行う必要があります。



●開講研修
  平成24年10月4日(木) 長生郡白子町中里地先
初回となる開講研修会。この「みどりの再生事業」では喫緊の課題である海岸林の再生が一つの柱になっているため、海岸林の状況視察等も含めた内容で実施しました。大勢の参加者が集まりました。3年間宜しくお願いいたします。