第2・緑化推進委員会(緑の募金)の森   旭市神宮寺浜


 第1・緑の募金の森(匝瑳市・吉崎浜)の造成終了後、千葉県にとって重要な海岸林の再生は引き続き取り組むべき課題であることや、東日本大震災の記憶や人々の防災意識が薄れつつあるなかで、「緑の募金の森」を継続すべし、とする沢山の声を頂戴し、旭市・神宮寺浜の海岸保安林において平成30年からの5カ年間、法人の森制度による協定を千葉県と締結しました。これが、第2・緑の募金の森です。

 ここで植栽した抵抗性クロマツは、最新の苗木生産技術によって生産されたコンテナ苗をいち早く採用するなど、試験的な要素も盛り込んでいることが特徴です。
 企業や団体の環境貢献やCSR活動としての参加も増えてきました。
 この森づくりにご関心の際は、ぜひ当委員会までお問合せください。
 

 ●2018年(平成30年)3月・植樹


 ●2018年(平成30年)9月・下刈 


  ●2019年(令和元年)7月・下刈と施肥


  ●2020年(令和2年)7月・下刈